年次大会ポスター発表一覧

1月13日(日)12:15−13:00  地下1階 展示・ポスター会場(食堂)

13-1. 量子ドット集合系における超蛍光の励起子分子-励起子密度依存性

○河村康平,吉田友春,那須雅樹,石原淳,石川陽A,宮島顕祐(東理大院理,A山梨大工)

13-2. 167Er3+電子状態の光コヒーレントコントロール

○平石真也A, B,M.IJspeertA,俵毅彦 A, B, C,足立智D,尾身博雄 A, C ,後藤秀樹 AANTT 物性研,B東理大院理, C NTT NPC,D北大院工)

13-3. LIBS 計測のための水中分散粒子の光ピンセットによるトラップ領域の検討

宮川翔太,天野健一,西直哉,作花哲夫(京都大学)

13-4. コンパクトな Yb:YAG アクティブミラー再生増幅器の開発と超広帯域光の発生

○篠崎夏美,庄司美咲,山内駿,小倉拓人,坂上和之 A,東口武史(宇都宮大院工,A 東大光量子科学研究センター)

13-5. Yb 添加ダブルクラッドファイバーによる超広帯域赤外光の発生

○庄司美咲,篠崎夏美,坂上和之 A,東口武史(宇都宮大工,A 東大光量子科学研究センター)

13-6. コンパクトな Yb:YAG アクティブミラー再生増幅器の開発と中赤外光の発生

○山内駿,篠崎夏美,小倉拓人,庄司美咲,坂上和之 A,東口武史(宇都宮大院工,A 東大光量子科学研究センター)

13-7. 高濃度 Yb-Mg 添加ファイバの増幅特性評価

○及川滉太,佐野裕紀,藤本靖(千葉工業大学)

13-8. 小型・高効率 UV レーザー光源の開発-外部共振器の安定化

○佐々木涼,松田拓也,藤本靖,本越伸二A(千葉工業大学,Aレーザー総研)

13-9. アクティブミラーの波面と表面温度の評価

○小倉拓人,前田啓吾,庄司美咲,篠崎夏美,山内駿,田丸裕基 A,三浦泰祐 A,東口武史(宇都宮大院工,A ギガフォトン(株))

13-10. 全正常分散 Tm:ZBLAN モード同期ファイバーレーザー

○相楽啓,鈴木杏奈,戸倉川正樹 (電通大 レーザー研)

13-11. 第二高調波サブナノ秒レーザー生成プラズマからの高効率水の窓軟X線放射

○島田悠太,川崎太夢,田中あいな,庄司美咲,堀井拓,原広行,難波慎一 A,佐々木明 B,錦野将元 B,東口武史(宇都宮大院工,A 広島大院工,B 量研関西光研)

13-12. 高効率水の窓軟 X 線放射スペクトルの遷移解析

○川崎太夢,島田悠太,田中あいな,庄司美咲,原広行,難波慎一 A,佐々木明 B,錦野将元 B,東口武史(宇都宮大工,A 広島大院工,B 量研関西光研)

13-13. レーザアブレーションプラズマの集束イオンビームによる微粒子堆積

○鹿沼將,胡桃聡,松田健一,鈴木薫(日本大学)

13-14. 二次レーザー支援液中 PLA 法による光触媒微粒子の生成

○海谷柊,胡桃聡,松田健一,鈴木薫(日本大学)

13-15. 一光束プローブ光による光音響波計測とシミュレーションの比較に関する研究

○藤井大地,丸山歩,鄭和翊,山口滋,高橋俊A(東海大学院理、A東海大工学部)

13-16. Fabrication of core-shell microsphere from conjugated polymer/ europium complex by injection method to demonstrate whispering gallery mode lasing in the red region

Zakarias Seba Ngara A B,Daichi OkadaA,Osamu OkiA,Amandeep JindalA,Yohei YamamotoAA Division of Materials Science,Faculty of Pure and Applied Sciences University of Tsukuba, B Department of Physics,Faculty of Science and Engineering Nusa Cendana University )

13-17. 光スイッチ・波長変調を可能とする自己組織化マイクロ共振器

○岡田大地A,Zhang-Hong LinB,Jer-shing HuangB,森本正和C,入江正浩C,佐々木史雄D,三成剛生E,石井智E,長尾忠昭E,Stefano AzziniF,Thomas EbbesenF,Cyriaque GenetF,辻勇人G,中村栄一G,山本洋平AA筑波大,Bライプニッツ光科学研究所, C立教大学,DAIST,E NIMS,F Strasbourg大学,G東京大学

13-18. キラル共役ポリマーマイクロ球体が示す円偏光発光特性と WGM レーザー発振

○大木理,Chidambar Kulkarni A,Stefan C. J. Meskers A,E. W. Meijer A,佐々木史雄 B,Zhan-Hong Lin C,Jer-Shing Huang C,山本洋平(<筑波大院数理物質,Aアイントホーフェン工科大学,B産総研,Cライプニッツ光技術研究所)

13-19. RGB-D カメラで取得した実物体のフルカラーホログラフィ像再生

○栁原秀成,角江崇,下馬場朋禄,伊藤智義(千葉大学)

13-20. 赤外像と可視像の画像融合による温度と形状の同時計測

○小川仁志,早崎芳夫(宇都宮大学)

13-21. 光波伝搬計算における伝搬距離による計算結果の比較

○山崎優綱,山下泰輝,高山佳久(東海大学)

13-22. 固体素子照明における高演色化の検討

○宰務大地,眞鍋由雄,高森晃A,石野正人A,木下順一A,山本和久A (津山高専, A 大阪大学)

13-23. 適応制御による蛍光タンパク質の光褪色の抑制

○本田成、矢野全一郎、池谷有貴、須田亮(東京理科大学)

13-24. Green-Red 蛍光タンパク質を用いた二光子 FRET イメージング

○杉澤元徳,竹内公平,田中響,須田亮.中村岳史(東京理科大学)

1月14日(月)12:15−13:00  地下1階 展示・ポスター会場(食堂)

14-1. 中距離空間光通信システム構築のためのビームワンダーの評価

○大山巖,山口倫生,藤川知栄美,高山佳久A(東海大工,A東海大情報通信)

14-2. 多モード誘導ブリルアン散乱による分布型光ファイバセンシング

○長谷川貴大,尾崎裕太,田中洋介(東京農工大学)

14-3. 位相変調信号との強度相関を用いたリアルタイムレーザー変位計測

○山本健太,山口京介,田中洋介(東京農工大学)

14-4. 光ポンピング原子グラジオメーターの開発

○横山修平, 武田俊, 熊谷寛, 小川恵美悠, 中武光(北里大学大学院 医療系研究科)

14-5. 基板の濡れ性が微小球リソグラフィーにより作製される SERS 用金属微粒子構造に与える影響

○難波祐太,岡本敏弘,荻田将一A,杉本幸代A,朝日一平A,原口雅宣(徳島大学,A四国総研)

14-6. 金ナノ粒子のプラズモン加熱を用いた穴あきグラフェンの作製

○山添直里,大坂勇貴,谷口嘉昭,永瀬雅夫,大野恭秀,岡本敏弘,原口雅宣(徳島大学)

14-7. シャント管理におけるレーザースペックルコントラスト分析の検討

○中武光A,小川恵美悠A, B,藤原友未B,武田 俊A,熊谷寛A, B,稻岡秀檢A,BA北里大学大学院医療系研究科,B北里大学医療衛生学部)

14-8. ガラスへのサブナノ秒レーザーの照射とエッチング処理による内部加工の研究

○福永直生,松尾繁樹(芝浦工業大学)

14-9. ホログラフィック光学素子における回折効率のブリーチング条件への依存性

○植田優基AB,山下泰輝AB,涌波光喜B,市橋保之B,山本健詞B,高山佳久AA東海大学,B情報通信研究機構)

14-10. 深層学習を用いたレーザマイクロホンの周波数及び強度判定

○森遼太,五島敬史郎,津田紀生,山田諄(愛知工業大学)

14-11. 自己結合効果によるレーザー端子電圧変動を利用した距離センサの分解能向上に対する取り組み

○大羽達也、津田紀生、山田諄(愛知工業大学)

14-12. 太陽光励起レーザーにおける Cr,Nd;YAG レーザー媒質の最適 Cr 濃度の探索

加藤貴也,伊藤博,元廣友美,長谷川和男A(名古屋大学, A(株)豊田中央研究所)

14-13. 光位置センサーを用いた空間伝送光の計測と通信リンクの検討

○金崎真也,植田優基,山下泰輝,高山佳久,藤川知栄美(東海大学)

14-14. 光空間伝送路における大気影響モニターによる通信品質改善手法の検討

○大場光樹,高山佳久,向井達也A(東海大学,AJAXA)

14-15. 高繰り返し Er 添加超短パルスファイバレーザーとTm添加ファイバ増幅器を用いた 4.5um 帯中赤外光周波数コムの生成

○望月健斗A,山中真仁A,S.VolkerA,富田英生A,井口哲夫A,佐藤淳史B,橋爪研太B,野沢耕平B,西澤典彦AA名大工, B積水メディカル(株))

14-16. レーザー駆動高輝度炭素イオン源開発研究のためのトムソンパラボラの製作

○山中隆司AB、井上峻介AB、小島完興A、西浦洋輔AB、橋田昌樹AB、阪部周二ABA京都大学化学研究所、B京都大学大学院理学研究科)

14-17. 光ポンピング原子磁気センサにおけるアルカリ金属セルの緩和防止コーティング

○小林悟B,熊谷寛A,武田俊A,小川恵美悠A,石川春樹BA北里大学 医療衛生学部,B北里大学 理学部)

ページ先頭へ
PAGETOP