第39回年次大会プログラム

部門

(○:登壇者,●:論文発表賞応募登壇者)

P.特別講演1

P.公開特別講演15:00-17:15

  1. レーザー加工とモノづくり ~シートメタル加工の変遷と展望から~迫 宏(株式会社アマダホールディングス)
  2. 美術作品の保存修復における光学調査の射程 ~ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの油画をめぐる新発見を中心に~田口かおり(東海大学)
  3. 光学・精密・測定技術による社会への貢献木村俊一(株式会社ニコンインステック 取締役 兼 社長執行役員)

S.シンポジウム1

S.ドレスト光子による技術変革 -光科学のオフシェルへのパラダイムシフト-13:30-16:45

  1. イントロダクトリートーク:ドレスト光子はオフシェルの場、それがもたらした技術変革大津元一(一般社団法人ドレスト光子研究起点)
  2. ドレスト光子による高出力シリコン発光素子の実現川添 忠(東京電機大学)
  3. 従来の電磁場理論が排除していたもの~電場・磁場で記述できない非共鳴光近接場の物理~坂野 斎(山梨大学)
  4. U(1) ゲージ不変性の破れに伴うクレブシュ双対場を足掛かりに佐久間弘文(一般社団法人ドレスト光子研究起点)
  5. ドレスト光子の振る舞いは量子ウォーク?西郷甲矢人(長浜バイオ大学)
  6. クロージングリマーク:オフシェル科学の始まり,そして数論とのつながり小嶋 泉(一般社団法人ドレスト光子研究起点)

S.シンポジウム2

S.加速する自動車・移動体へのレーザー応用13:00-16:45

  1. 自動車・移動体へのレーザー応用最前線平等拓範A, BA理化学研究所,B分子科学研究所)
  2. 自動車へのレーザー応用に関する世界動向 -加工,LiDAR を中心に-鷲尾邦彦(パラダイムレーザーリサーチ)
  3. TNGAエンジンへのレーザー加工技術の適用○谷中耕平,岩谷信吾,杉山夏樹,青山宏典(トヨタ自動車株式会社)
  4. 可視光 LD による移動物体の検知とレーザー給電○石野正人,北村俊幸A,高森晃,山本和久(大阪大学,A量研)
  5. 自動運転に向けた LIDAR およびレーザ技術○山田仁,柳井謙一(株式会社デンソー)
  6. レーザースキャニングヘッドランプ岡本吉雄(スタンレー電気株式会社)
  7. レーザーの自動車・移動体応用の課題と展望山本和久(大阪大学)

S.シンポジウム3

S.高平均出力レーザーの活躍する科学技術9:00-12:15

  1. 高平均出力レーザーが活躍する科学技術の未来=主旨説明=藤岡慎介(大阪大学レーザー科学研究所)
  2. 高平均出力レーザーが作る先進光量子ビーム神門正城(量子科学技術研究開発機構 量子ビーム科学研究部門 関西光科学研究所)
  3. 高平均出力レーザーで守る社会セキュリティー大垣英明,全柄俊,早川岳人A,静間俊行A(京都大学,A量子科学研究開発機構)
  4. 高平均出力レーザーが支える次世代半導体デバイス東口武史(宇都宮大学)
  5. 高平均出力レーザーに期待する核融合エネルギー開発岡野邦彦(慶應義塾大学)
  6. 高平均出力レーザーが開くプラズマ科学千德靖彦(大阪大学レーザー科学研究所)

S.シンポジウム4

S.【日本光学会ジョイントシンポジウム】揺らぐ媒質を伝搬する光の乱れの理解とその克服による未来9:00-12:15

  1. レーザーガイド補償光学による高解像度天体観測 ○早野裕A,美濃和陽典A,大野良人A,Christophe ClergeonA,小山佑世A,岩田生A,三枝悦子A,秋山正幸B,児玉忠恭B,本原顕太郎C,Céline d’OrgevilleD,(A自然科学研究機構国立天文台先端技術,B東北大学,C東京大学,DAustralian National University)
  2. 気象情報に基づく大気揺らぎの計測と評価玉川一郎(岐阜大学)
  3. 高精度補償光学のための大気揺らぎのトモグラフィー秋山正幸(東北大学)
  4. 並列位相シフトディジタルホログラフィーを用いた高速透明気体の3次元動画イメージング○粟辻安浩,角江崇A,夏鵬B,的場修C,(京都工芸繊維大学 電気電子工学系,A千葉大学 大学院工学研究院,B産業技術総合研究所 計量標準総合センター, C神戸大学 大学院システム情報学研究科)
  5. 補償光学汎用実験ベンチの構築と生物顕微鏡への応用服部雅之(自然科学研究機構 基礎生物学研究所)
  6. 散乱組織中における in situ 波面歪み測定とその補償○磯部圭佑A,並木香奈B,道川貴章A, B,河野弘幸B,宮脇敦史A, B,緑川克美AA理研光量子,B理研神経科学)

S.【日本光学会ジョイントシンポジウム】揺らぐ媒質を伝搬する光の乱れの理解とその克服による未来13:30-16:45

  1. 光捕捉とレーザー干渉法による細胞内揺らぎと力学の観測水野大介(九州大学)
  2. 光宇宙通信の現状と将来 ~レーザー技術の視点からの紹介~○荒木智宏(宇宙航空研究開発機構)
  3. 光フェーズドアレイ技術の光空間通信への応用○安藤俊行,原口英介,細川麻菜(三菱電機)
  4. 光エネルギー伝送におけるレーザー伝送技術○早川明良,永井淳,長岡隆二,池康宏,和仁郁雄(川崎重工業株式会社)
  5. 予測的大気補償の可能性戎崎俊一(理化学研究所)
  6. 光通信における光の乱れとその影響高山佳久(東海大学)

S.シンポジウム5

S.【日本光学会ジョイントシンポジウム】研究開発・商品開発・市場開拓でのダイバーシティー10:00-14:45

  1. なぜこのシンポジウム?「研究開発・商品開発・市場開拓でのダイバーシティー」シンポジウム開催の趣旨豊田周平(豊田産業株式会社)
  2. 日本光学会での人材多様性の取り組み、研究活動での人材の多様性谷田 純(大阪大学)
  3. 多様用が生み出す美しい結晶の世界藤岡加奈(大阪大学レーザー研)
  4. デザイン組織における人材の多様性松原公実(三菱電機株式会社 デザイン研究所)

S.【日本光学会ジョイントシンポジウム】研究開発・商品開発・市場開拓でのダイバーシティー13:00-14:30

  1. 選手の声や観客の声援のアートによる可視化○土佐尚子,中津良平A(京都大学総合生存学館,A京都大学デザインスクール)
  2. 日米の大学に見るダイバーシティー丹治はるか(電気通信大学)
  3. パネルディスカッション

S.シンポジウム6

S.固体におけるアト秒・強光子場科学の最前線10:45-12:15

  1. 赤外・遠赤外光による原子層物質からの高次高調波発生田中耕一郎(京都大学大学院 理学研究科)
  2. ペタヘルツ波エンジニアリングに向けた固体超高速光物性○小栗克弥A,増子拓紀A,當銘賢人A, B,加藤景子A,関根佳明A,日比野浩樹C, A,須田亮B,後藤秀樹AA日本電信電話(株)NTT物性科学基礎研究所, B東京理科大学, C関西学院大学)
  3. サブサイクル中赤外光パルスによる固体からの高次高調波発生藤 貴夫(分子科学研究所)

S.固体におけるアト秒・強光子場科学の最前線13:00-14:30

  1. 固体における強光子場科学のための中赤外光源開発石井順久(東京大学 物性研究所 極限コヒーレント光科学研究センター)
  2. 実時間量子ダイナミクスシミュレーションで探る固体の高次高調波発生過程篠原 康(東京大院工)
  3. プラズモニック・ナノ増強場による固体高次高調波発生○芦原聡,今坂光太郎(東京大学 生産技術研究所)

S.固体におけるアト秒・強光子場科学の最前線9:00-12:15

  1. 誘電体の超高速光応答:第一原理計算からのアプローチ矢花一浩(筑波大学)
  2. 原子層材料を用いた高次高調波の発生機構とその特性について玉谷知裕(東京大学 物性研究所)
  3. ナノチップからのコヒーレント光電子放出の光制御柳澤啓史(ルードビッヒマキシミリアン大学)
  4. テラヘルツ・赤外強電場による固体の電子相制御○岡本 博A, B,宮本辰也AA東京大学, B産総研)
  5. 強電場 THz 非線形分光の物質科学への展開廣理英基(京都大学)
  6. 高強度テラヘルツ光による超伝導体の非線形応答と集団励起松永隆佑(東京大学物性研究所,JST さきがけ)

S.シンポジウム7

S.スマートレーザー加工を牽引する光源・プロセス技術9:00-12:15

  1. レーザー加工の現状とこれから ~ハイパワー青色半導体レーザーのアディティブマニュファクチャリングへの展開~塚本雅裕(大阪大学接合科学研究所)
  2. 次世代加工技術の確立に向けた100J級可変パルスレーザープラットフォームの開発○関根尊史,栗田隆史,竹内康樹,渡利威士,森田宇亮,倉田将輝,幡野佑真,壁谷悠希,水田好雄,村松侑輝,井口琢斗,川合一希,吉村涼,玉置善紀,鄭宇進,加藤義則,栗田典夫(浜松ホトニクス株式会社 中央研究所)
  3. 空間位相制御された X 線による元素選択性と回折限界を凌駕する微細性を目指した加工技術○香村芳樹A,Vasily ZhakhovskyB, C, 武井大D,鈴木芳生E,竹内晃久F,井上伊知郎A,犬伏雄一A, F,Nail InogamovC,石川哲也A,矢橋牧名A, FA理研,Bデューコブ自動制御研究所,Cランダウ理論物理学研究所,D立教大学,E東京大学,F高輝度光科学研究センター)
  4. フォトニック結晶構造ファイバーによるハイパワー伝送技術○松井隆,辻川恭三,寒河江悠途,半澤信智,中島和秀,奥田剛久A,藤谷泰之A,白木和之B(日本電信電話株式会社,A三菱重工業株式会社,BNTTアドバンステクノロジ株式会社)
  5. 3 次元マイクロ光造形を用いた 3D セラミックス機能部品の作製と応用丸尾昭二(横浜国立大学大学院)
  6. 最適加工条件探索のためのパラメータ可変高出力ファイバレーザーシステム○吉富大,高田英行,鳥塚健二,小林洋平A(産総研,A東大物性研)

S.スマートレーザー加工を牽引する光源・プロセス技術13:30-16:45

  1. レーザー加工におけるマクロとミクロのビーム整形技術中田芳樹(大阪大学)
  2. 全ファイバ化に向けた高出力 3 μm 帯ファイバレーザーの開発○時田茂樹,村上政直A,上原日和,合谷賢治,小西大介A(阪大レーザー研,A三星ダイヤモンド工業)
  3. 深層学習援用型レーザー加工モニタリング○谷 峻太郎,小林洋平(東京大学物性研究所)
  4. ファイバーレーザ 光技術が加工の未来を拓く山梨貴昭((株)アマダ)
  5. レーザーメタルデポジション方式による高速・高精度3次元積層造形技術開発○塩見康友,大野博司,岡田直忠,藤巻晋平A(㈱東芝,A東芝機械㈱)
  6. 産業用レーザー加工機のインテリジェント化藤川周一(三菱電機株式会社 先端技術総合研究所)

S.シンポジウム8

S.光周波数コム光源デバイスの多様化9:00-12:15

  1. 光コムとメトロロジー○稲場肇A, C,大久保章A, C,柏木謙A, C,和田雅人A, B, CA産総研,B横浜国立大,C JST, ERATO 美濃島知的光シンセサイザプロジェクト)
  2. ファイバレーザーを用いた近赤~中赤外光周波数コム光源の開発西澤典彦(名古屋大学)
  3. 光コム合成/解析法による超高速光波形計測と分散計測塩田達俊(埼玉大学)
  4. 電気光学変調コムを用いた高精度周波数変換石澤 淳(NTT物性科学基礎研究所)
  5. 微小光共振器によるマイクロコム発生○田邉孝純,藤井瞬,鈴木良,熊谷傳,石田蘭丸,鈴木智生(慶大理工)
  6. Visible Frequency Comb Generation using a Hollow WGM Resonator○Jonathan Ward,Sho Kasumie,Fuchuan Lei,Sile Nic Chormaic(OIST Graduate University)

S.シンポジウム9

S.人工構造による光機能制御の新展開9:00-12:15

  1. Photonic Topology as a New Horizon of Light胡 暁(物質材料研究機構)
  2. 半導体フォトニック結晶を基礎としたトポロジカルフォトニクス○岩本敏A, B,山口拓人A,太田泰友B,荒川泰彦BA東京大学生産技術研究所,B東京大学ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構)
  3. 3 次元造形技術のテラヘルツ光学素子作製への展開小西邦昭(東京大学)
  4. 究極の黒を目指して~半導体・プラズモンメタ無反射表面~西島喜明(横浜国立大学)
  5. 導電性セラミックスを用いた光励起電荷の発生と光熱変換○石井智A,Satish Laxman ShindeA,Ramu Pasupathi SugavaneshwarA,Manpreet KaurA, B,長尾忠昭A, BA物質・材料研究機構MANA, B北海道大学大学院理学院)
  6. ナノスケールプラズモニック導波路によるグラフェン吸収の増強と光スイッチへの応用○小野真証A, B,畑雅則B, C,野崎謙悟A, B,角倉久史A, B,千葉永B, C,納富雅也A, B, CANTTナノフォトニクスセンタ,BNTT物性科学研究所,C東工大理)

S.シンポジウム10

S.超低損失、超高耐性時代の材料、デバイス13:15-16:45

  1. 高出力レーザー時代にむけて ー超低損失、超高耐性へのチャレンジー栗村 直(物質・材料研究機構)
  2. 結晶化ガラスの低損失化とアクティブファイバ応用藤原 巧(東北大学院工研究科・応用物理専攻)
  3. 超低損失ファイバの実現に向けたシリカガスの空隙構造制御○小野円佳,藤浪眞紀A,伊藤節郎(AGC株式会社,A千葉大学)
  4. 光学素子のレーザー損傷しきい値データベース本越伸二(レーザー総研)
  5. 高耐性薄膜の開発木本琢也(株式会社島津製作所)
  6. 微小吸収過程を含む波長変換プロセスの熱解析○加藤進,三尾典克A,栗村直B(産総研,A東大理,B物材機構)
  7. 高排熱波長変換モジュール○徳田勝彦,井上和哉,西亮祐,門倉一智,久光守,(株式会社島津製作所)

S.シンポジウム11

S.高速・大容量光伝送に向けた集積化光送受信デバイスの最新動向13:00-16:45

  1. 高密度オンパッケージシリコンフォトニクス光 TRx○青木剛A,関口茂昭A, B, C, D,下山峰史A, B, C,田中信介A, B, C,西沢元亨A,羽鳥伸明A, D,蘇武洋平A, B, C,菅間明夫C,秋山知之A, B, C,早川明憲A, B, C,村中秀史A, B, C,森俊彦C,鄭錫煥A, B, C,田中有A, B, C,森戸健A, B, CAPETRA,B富士通,C富士通研究所,D現所属富士通アドバンストテクノロジ)
  2. 低消費電力光インターコネクトに向けた直接変調メンブレンレーザと集積デバイス○西英隆,藤井拓郎,ディアマドプロス ニコラオス パデレイモン,武田浩司,菅野絵理奈,硴塚孝明,土澤泰,福田浩,松尾慎治(日本電信話株式会社 NTT先端集積デバイス研究所)
  3. III-V 族半導体/ SOI ハイブリッド集積レーザー○西山伸彦,荒井滋久(東京工業大学)
  4. CMOS ドライバ集積シリコンフォトニクス小型・低電力 PAM4 光送信機○田中信介,下山峰史,青木毅,森俊彦,関口茂昭,鄭 錫煥,臼杵達哉,田中有,森戸健A, B, C,(A技術研究組合光電子融合基盤技術研究所,B(株)富士通研究所,C富士通(株))
  5. データセンタ向け超高速光素子と光結合技術の試み○田中滋久,鈴木崇功,足立光一朗,中原宏治(日本オクラロ株式会社)
  6. 高速 PAM4 変調用光送信モジュール○白尾瑞基,川本洋輔,中村誠希,佐野勇人,内山麻美A,長谷川清智(三菱電機株式会社情報技術総合研究所,A三菱電機株式会社高周波光デバイス製作所)
  7. リニアドライバ内蔵小型 DML 集積 TOSA 開発板橋直樹(住友電気工業株式会社 伝送デバイス研究所)

S.シンポジウム12

S.ラマン分光イメージング法の最先端バイオ・医学応用9:00-12:15

  1. ラマンイメージングとラマンプローブの生命医用応用○佐藤英俊(関西学院大学 理工学)
  2. ラマン顕微イメージングによる小分子検出○藤田克昌(大阪大学)
  3. ラマン分光多変量スペクトル分解による生細胞の分子イメージング○安藤正浩(JST さきがけ,早稲田大学)
  4. 神経術中検知のための多点同時ラマン計測分析技術○熊本康昭,高松哲郎(京都府立医科大学)
  5. CARS 硬性鏡による神経イメージング橋本 守(北海道大学 大学院情報科学研究科)
  6. コヒーレントラマン (SRS/CARS) 顕微鏡の皮膚科学への応用江川麻里子(資生堂グローバルイノベーションセンター)

S.シンポジウム13

S.光・レーザー治療の新展開:基礎と臨床9:00-12:15

  1. 原発性悪性脳腫瘍に対する光線力学的療法〜保険適応獲得後 5 年を経過して〜秋元治朗(東京医科大学,総合病院厚生中央病院)
  2. 再発食道癌に対する PDT の最新動向○武藤 学(京都大学大学院医学研究科 腫瘍薬物治療学講座)
  3. PDT による感染皮膚潰瘍治療小澤俊幸(大阪市立大学)
  4. 光増感反応を用いた非熱的不整脈アブレーションの開発○荒井恒憲,小川恵美悠A,高月誠司BA慶應義塾大学理工学部,A北里大学医療衛生部,B慶応義塾大学医学部)
  5. 近赤外レーザーによるワクチンの増強作用君塚善文(防衛医科大学校内科学教室(感染症・呼吸器))
  6. 経頭蓋近赤外光照射による脳機能活性化治療○苗代弘,佐藤俊一A,川内聡子A,角井泰之A,(所沢中央病院 脳神経外科,A防衛医科大学校防衛医学研究センター 生体情報・治療システム研究部門)

S.シンポジウム14

S.光音響イメージング技術の新展開13:30-16:15

  1. 基礎と臨床をつなぐ光音響イメージング研究石原美弥(防衛医科大学校)
  2. 光音響顕微鏡高性能化のための非線形光音響波検出○山岡禎久,能塚雄介,松本航希,高橋英嗣(佐賀大学)
  3. LED 光源方式光音響イメージングの最新動向○佐藤直人,市橋史行,山海嘉之(CYBERDYNE株式会社)
  4. 光音響と超音波の統合イメージング○椎名毅,浪田健,近藤健悟,山川誠(京都大学大学院医学研究科人間健康科学専攻)
  5. 光音響波を利用した弾性スティフネスの推定とCFRP の内部剥離のイメージング○中畑和之,唐川和輝,天野裕維(愛媛大学)

A.レーザー物理・化学1

A.新光源とその応用13:00-15:00

  1. (招待講演)テラヘルツ光源による高分子モルフォロジー観察○佐藤春実(神戸大学)
  2. 高強度テラヘルツ波を用いた長周期物質表面構造形成ダイナミックスの観察を目指して●細川誓A, B,橋田昌樹A, B,長島健C,入澤明典D,井上峻介A, B,阪部周二A, BA京大院理,B京大化研,C摂南大理工,D阪大産研)
  3. レーザーカオスを用いたTHz波発生と分光応用○桒島史欣,白尾拓也,岩尾憲幸,坂上直哉,白崎拓郎,合田汐里,谷 正彦A,栗原一嘉B,山本晃司A,森川 治C,北原英明B,中嶋 誠D (福井工大,A福井大遠赤セ,B福井大教育,C海保大,D阪大レーザー研)
  4. (招待講演)Erフェムト秒レーザーによる可視天文コムの開発○大久保章A, E,中村圭祐A, E,マルテ・シュラムA, B, E,洪鋒雷C, E,柏木謙A, E,美濃島薫D, E,筒井寛典B, E,神戸栄治B, E,泉浦秀行B, E,稲葉肇A, EA産総研,B国立天文台,C横浜国立大,D電気通信大学,EJST,ERATO)
  5. mJ femtosecond 1937 nm pulses from a diode-pumped ring cavity Tm:YAP regenerative amplifier ●Seyed Ali Rezvani, Makoto SuzukiA, Pavel MalevichB, Yutaka Nomura, Noriaiki TsurumachiA, Andrius BaltuskaB, and Takao Fuji(Institute for Molecular Science, AKagawa University, BTU Wien)
  6. マルチプレートパルス圧縮による中赤外極短パルス発生○夏沛宇,Faming Lu,石井順久, 金井輝人,板谷治郎(東大物性研)

A.レーザー物理・化学2

A.量子計測・量子情報15:15-16:45

  1. (招待講演)量子光学における熱雑音と重力波検出の展望○安東正樹(東京大学)
  2. (招待講演)縮退光パラメトリック発振器を用いたコヒーレントイジングマシン○武居弘樹,稲垣卓弘,稲葉謙介,生田拓也,本庄利守(NTT物性科学基礎研究所)
  3. コヒーレント局部発振光による長波長スクイーズド光のホモダイン計測●大見聡仁,保坂有杜,富田雅也,新村星太郎,神成文彦(慶大理工)
  4. ポンプ光の波形整形による任意の伝令付き単一光子スペクトル生成○富田雅也,保坂有杜,大見聡仁,新村星太郎,神成文彦(慶應義塾大学)

A.レーザー物理・化学3

A.プラズモニクス9:30-10:30

  1. (招待講演)金属ナノ構造における局在光電場のキラリティ○橋谷田俊A,成島哲也A, B,岡本裕巳A, BA分子科学研究所,B総合研究大学院大学)
  2. 高効率発光素子を実現するためのチューナブル・プラズモニクス○岡本晃一,村尾文弥,島ノ江考平,中村俊樹,松山哲也,和田健司,船戸充A,川上養一A(阪府大院工,京大院工A
  3. 中赤外超短パルスを用いた回折格子による伝搬型表面プラズモン生成と光電界電子放出○水野智也,竹内健悟,金島圭佑,石井順久,金井輝人,板谷治郎(東大物性研)

A.レーザー物理・化学4

A.高強度・超高速現象13:00-15:00

  1. (招待講演)共振器型ハード X 線レーザーの実現米田仁紀(電気通信大学レーザー新世代研究センター)
  2. (招待講演)受賞記念:固体電子系におけるペタヘルツ超高周波現象の時間応答特性○増子拓紀A,小栗克弥A,千菅雄太A, B,片山郁文B,武田淳B,後藤秀樹AANTT物性科学基礎研,B横浜国立大学)
  3. 「水の窓」全域での高次高調波発生と軟 X 線吸収分光○齋藤成之,三戸宏樹,石井順久,金井輝人,板谷治郎(東大物性研)
  4. 液膜プラズマミラーを用いた紫外領域における周波数分解光ゲート計測●遠藤友随,坪内雅明,板倉隆二(量研関西研)
  5. 時間分解高次高調波分光による1,3-cyclohexadiene の電子励起状態ダイナミクスの観測●金島圭佑,二ノ田有輝,関川太郎(北大工)
  6. マルチフラグメント運動量画像法による二酸化炭素分子の解離性イオン化過程の観測○沖野友哉A, B,鍋川康夫A,緑川克美AA理研, BJSTさきがけ)

A.レーザー物理・化学5

A.量子制御15:15-16:30

  1. 人為位相制御による非線形光波長変換の自在な操作●大饗千彰AB,鄭健C,劉衛永BC,Tregubov DmitriiC,鈴木勝C,美濃島薫ABC,桂川眞幸ABCA電通大,量子科学研究センター,BJST,ERATO美濃島知的光シンセサイザ,C電通大,情報理工学部)
  2. CuCl における励起子 1s-2p 準位間遷移への近共鳴光による光シュタルクシフト江文智,内堀裕太,石原淳,○宮島顕祐(東京理科大学院理)
  3. Nonadiabaticity in the orientation dynamics of OCS molecules with 10-nanosecond two-color laser pulses●Md. Maruf Hossain, Xiang Zhang, Ryohei Yamada, Shinichirou Minemoto, and Hirofumi Sakai (東京大学大学院理学系研究科)
  4. 3 回対称性をもつ気体結晶の生成法●仲林宏斗,小松原航,酒井広文(東京大学大学院理学系研究科)
  5. 1300 nm 光による OCS 分子からの光電子の角度分布の解離性イオン化チャンネル依存性○三宅聡一朗,峰本紳一郎,酒井広文(東京大学大学院理学系研究科)

B.レーザー装置1

B.光周波数コム13:00-15:00

  1. (招待講演)導波路型 PPLN を用いた広帯域光コム発生とその発生メカニズム○吉井一倫A, B,野邑寿仁亜A, B,池田幸平A, B,Chaoyun ChenA, B,田口佳穂A,久井裕介A, B,洪鋒雷A, BA横浜国立大学理学部,BJST,ERATO 美濃島知的光シンセサイザプロジェクト)
  2. (招待講演)デュアルピッチ PPLN 導波路を用いた光コム周波数安定化日達研一(NTT物性科学基礎研究所)
  3. 狭い相対線幅を持った全偏波保持型デュアルファイバコムの開発○中嶋善晶A, B,秦裕也A, B,楠美友悟A, B,美濃島薫A, BA電通大, BJST ERATO美濃島知的光シンセサイザ)
  4. 広帯域双方向デュアルコムファイバレーザーにおける狭い相対線幅の実現●秦 祐也A, B,中嶋善晶A, B,美濃島 薫A, BA電通大,BJST ERATO美濃島知的光シンセサイザ)
  5. デュアル EOMコム 分光における 25GHz モード間隔の自動補間法●大原憲,宇田祥平,石澤淳A,日達研一A,Nathalie PicqueB,Theodor HaenschB,西川正(東京電機大学,ANTT物性研,Bマックス・プランク量子光学研)
  6. 距離計測に向けたファイバ共振器を用いた光コムのモードフィルタリング手法の安定化 ●梁木琢也A, B,中嶋善晶A, B,美濃島薫A, BA電気通信大学,BJST ERATO美濃島知的光シンセサイザ)

B.レーザー装置2

B.高出力レーザー15:15-17:00

  1. (招待講演)共振器内高次高調波発生を可能にしたカーレンズモード同期薄ディスクリング発振器の開発○アマニ レザA,鍋川康夫A,沖野友哉A,石神真B, C,緑川克美A, BARIKEN, BTokyo Univ. IPST, CTokyo Univ.)
  2. 低温冷却 Yb:YAG セラミクスを用いた アクティブミラー型 10-J,10-Hz レーザー増幅システムの開発○森田宇亮,関根尊史,竹内康樹,幡野佑真,栗田隆史,玉置善紀,倉田将輝,壁谷悠希,井口琢斗,水田好雄,伊山功一,村松侑輝,川合一希,加藤義則,時田茂樹A,河仲準二A(浜松ホトニクス(株)中研, A大阪大学レーザー研)
  3. 100J 級パルスエネルギーを目指した低温ヘリウムガス冷却式 Yb:YAG レーザー増幅器の開発○竹内康樹,倉田将輝,関根尊史,幡野佑真,村松侑輝,水田好雄,森田宇亮,井口琢斗,壁谷悠希,川合一希,栗田隆史,玉置善紀,時田茂樹A,河仲準二A,加藤義則(浜松ホトニクス(株)中研, A大阪大学レーザー研)
  4. 熱レンズフリーHeat Capacitive Active Mirror 効果 その2 トップキャップ付きアクティブミラーへの応用○植田憲一(電通大レーザー研,阪大レーザー研,JSTさきがけ,浜松ホトニクス,CELOX)
  5. 道路トンネル検査用レーザー打音装置の開発●北村俊幸,岡田大,近藤修司,倉橋慎理A,三上勝大,長谷川登,島田義則A,錦野将元(量研,Aレーザー総研)
  6. ITER でのトムソン散乱計測に向けた高平均出力 YAG レーザーの開発○谷塚英一,鳥本和弘,竹松浩之A,波多江仰紀(量研機構,Aタケマツテクノロジー)

B.レーザー装置3

B.ビーム結合13:00-15:00

  1. (招待講演)受賞記念:kW 級パルスファイバーレーザーを用いた高効率高調波発生○椿本孝治,吉田英次,宮永憲明A(阪大レーザー研,Aレーザー総研)
  2. 低繰り返しパルスレーザーのためのビーム結合技術の開発●福石航,張晟,椿本孝治,吉田英次,白神宏之(阪大レーザー研)
  3. ネマチック液晶を用いたコヒーレント共振器結合系における光波の位相制御●高田一輝,宮崎麻琴,中山敬三,吉田実(近畿大学大学院 総合理工学研究科)
  4. ファイバコリメータアレイを用いた空間合波システムの開発●澁川大朗,吉田実(近畿大学大学院 総合理工学研究科)
  5. マルチコアファイバーレーザーの横モード解析●梯太郎, Henrik Tuennermann,白川晃(電気通信大学レーザー新世代研究センター)
  6. 能動モード同期によるマルチコアファイバーのスーパーモード選択○成富未夢人,白川晃(電通大)
  7. アキシコンミラーを用いた非回折ビームの発生●下地裕也,宮地悟代(東京農工大学大学院)

B.レーザー装置4

B.短波長レーザー15:15-16:45

  1. (招待講演)受賞記念:高出力深紫外ピコ秒レーザーの開発○折井庸亮,河野健太,田中宏基,渋谷公彦,清水政二,岡田穣治(スペクトロニクス株式会社)
  2. Tm3+:ZBLAN ファイバを用いた 813nm 光源の高出力安定動作○石井知広,梶川詠司,久保貴志,武者満,小川和彦A(電通大レーザー研,Aファイバーラボ)
  3. プラセオジム添加利得媒質を用いた可視ピコ秒レーザーパルスの増幅○杉山直仁,藤田将吾,神成文彦(慶大理工)
  4. YAlO3酸化物結晶母材を用いたPr可視レーザー発振特性○藤田将吾,田中裕樹,神成文彦(慶大理工)
  5. Co2+: MgAl2O4 可飽和吸収体を用いた青色 InGaN 半導体レーザー励起 Pr3+: YLF レーザーの受動 Q スイッチ動作●藤田将吾,田中裕樹,神成文彦(慶大理工)

B.レーザー装置5

B.赤外レーザー110:45-12:00

  1. (招待講演)受賞記念:波長 2.1 μm 帯超短パルス Tm 添加固体レーザーの開発○戸倉川正樹,鈴木杏奈,クリスティアン クランケルA(電気通信大学レーザー新世代研究センター,AZentrum für Lasermaterialien, Leibniz-IKZ, Germany)
  2. 多光子顕微鏡応用に向けたツリウム添加ファイバーレーザーの開発○野村雄高A, B,藤貴夫AA分子研,BJSTさきがけ)
  3. 半導体レーザー励起による 2.92 μm Er:YAP 連続波レーザーの開発●河瀬広樹A,安原亮A, BA総合研究大学院大学, B自然科学研究機構 核融合科学研究所)
  4. 高出力・高安定な連続波 3μm 帯 Er:ZBLAN ファイバレーザーの開発●合谷賢治A,上原日和A,小西大介B,村上政直B,時田茂樹AA阪大レーザー研,B三星ダイヤモンド工業(株))
 

B.レーザー装置6

B.赤外レーザー213:15-14:45

  1. (招待講演)後進波光パラメトリック発振による光-テラヘルツ波波長変換○縄田耕二,南出泰亜(理化学研究所)
  2. Cr2+:ZnS 中赤外レーザーのフェムト秒発振特性○岡崎大樹,芦原 聡(東大生研)
  3. Er:ZBLAN ファイバーレーザー励起 4 μm 帯 Fe:ZnSe レーザーの開発○上原日和,合谷賢治,Andrew V. Pushkin A,Ekaterina A. MigalA,Fedor V. PotemkinA,時田茂樹(阪大レーザー研, Aモスクワ大)
  4. 軸方向放電励起 CO2 レーザーにおける共振器長と尖頭パルス幅の関係●坂本康平,宇野和行,實野孝久A(山梨大学 電気電子工学コース,A大阪大学 レーザー科学研究所)
  5. Q スイッチ・キャビティダンプ発振マルチライン CO2 レーザーの開発●田所譲,山本達也,西前順一,藤川周一(三菱電機先端総研)

B.レーザー装置7

B.超短パルスレーザー13:00-14:45

  1. (招待講演)超高繰り返し広帯域レーザー光源木村祥太,谷峻太郎,○小林洋平(東京大学物性研究所)
  2. (招待講演)トポロジカル光波の超高速時空間制御○山根啓作,岩佐康平,佐々木凛,渡辺悠歩,岡和彦A,戸田康則,森田隆二(北海道大学,A弘前大学)
  3. 5fs petawatt: the next generation of ultra-intense lasers○Zhaoyang LI,Junji KAWANAKA(大阪大学レーザー科学研究所)
  4. Generation of single-cycle infrared pulse via BBO-based optical parametric amplifier●Yu-Chieh Lin,Yasuo Nabekawa,Katsumi Midorikawa(理化学研究所)
  5. Ybファイバーレーザーにおけるモード同期のスペクトルダイナミクス○鈴木将之,黒田寛人(愛知医大)
 

B.レーザー装置8

B.レーザー材料9:00-10:30

  1. (招待講演)マイクロドメインの量子状態評価を基にした異方性レーザーセラミックスの設計佐藤庸一A,平等拓範B, AA分子科学研究所,B理化学研究所)
  2. Tb3Al5O12 セラミクスの熱特性および磁気光学特性評価○西尾 恵,安原 亮A,時田茂樹,柳谷高公B,河仲準二(阪大レーザー研,A核融合研,B神島化学工業(株))
  3. Yb 添加 Ba(Zr,Mg,Ta)O3 セラミックレーザーの研究○池田真由,北島将太朗,白川晃(電気通信大学)
  4. 単層カーボンナノチューブを用いた Yb:CaF2-LaF3 セラミックモード同期レーザーの開発○小林祐樹,北島将太朗,山角謙太郎,白川晃,原田昌樹A,石沢均A(電通大レーザー研,A株式会社ニコン)
  5. Spectroscopic properties and tunable CW laser operation of Nd, Y-codoped SrF2 single crystals○Xiaoyang Guo A,Shigeki Tokita A,Liangbi Su B,Junji Kawanaka AA 阪大レーザー研 B Shanghai Institute of Ceramics, Chinese Academy of Sciences)

B.レーザー装置9

B.ファイバレーザー10:45-12:00

  1. 高濃度 Er 添加光ファイバを利用したリング型パルスファイバレーザーの発振特性の向上●福山像吾,吉田実,藤本靖A(近大院総合理工, A千葉工大院工)
  2. ハイブリッドファイバ MOPA-バルク増幅システム●水野翔太,増田航大,鄭和翊,山口滋(東海大学大)
  3. Nonlinear Effects and Combining Efficiency in Divided Pulse Amplification ●Ei Jo(Rui Xu),Henrik Tunnermann,Akira Shirakawa (Institute for Laser Science,University of Electro-Communications)
  4. キャリア・エンベロープ・オフセット周波数の検出が可能な双方向動作型デュアルコムファイバレーザー○中嶋善晶A, B,秦祐也A, B,楠美友悟A, B,美濃島薫A, BA電通大, BJST ERATO美濃島知的光シンセサイザプロジェクト)
  5. パルス幅可変ファイバレーザーの開発に向けた8の字型フェムト秒レーザーの出力効率向上○宮崎麻琴,吉田実(近畿大学大学院)

B.レーザー装置10

B.レーザーデバイス13:00-15:00

  1. (招待講演)QPM 波長変換デバイス PP-LBGO の作製とその波長変換特性○廣橋淳二,今井浩一,坂入光浩,冨張康弘(株式会社オキサイド)
  2. 高品質に単一横モードを維持したレーザーの高出力化隈元清哉,長谷川健司,渡邊哲人,大饗千彰AB,古川裕介,○桂川眞幸AB(電通大 基盤理工, A量子科学研究センター, BJST ERATO 美濃島知的光シンセサイザー)
  3. 880nm 帯強励起 Nd ガラスレーザー増幅システムの設計手法開発○宇野大介,松井大知,河仲準二A,仁木秀明,金邉忠(福井大院工, A阪大レーザー研)
  4. 高耐力オゾン回折格子を用いたレーザーシステムの開発○道根百合奈,米田仁紀(電通大レーザー)
  5. 光同期 OPCPA のための高安定励起レーザーの開発○宮坂泰弘,桐山博光,岸本牧,森道昭,近藤康太郎,神門正城,近藤公伯(量研関西研)
  6. サファイア・YAG のパルス通電接合○安原亮,古瀬裕章A (核融合科学研究所,A北見工業大学)
  7. LD バー励起 Er,Yb:glass 導波路型増幅器の開発○廣澤賢一,高田ゆかり,柳澤隆行,亀山俊平(三菱電機)
 

C.高強度・高エネルギーレーザー応用1

C.レーザーエネルギー応用13:00-14:30

  1. (招待講演)ピコ秒相対論領域におけるレーザープラズマ相互作用物理の新展開○岩田夏弥(大阪大学レーザー科学研究所)
  2. 高繰返しレーザー対向爆縮高速点火核融合:爆縮コアホールボーリングのプリプラスマ効果他○北川米喜,花山良平,森芳孝,石井勝弘,沖原伸一朗,関根尊史A,栗田隆史A,竹内康樹A,加藤義則A,日置辰視B,元廣友美B,東 博純C,砂原淳D,千徳靖彦E,三浦永祐F,岩本晃史G,坂上仁志G,城崎知至H,有川安信E,阿部勇輝E,藤岡慎介E(GPI,HPKA,名大GREMOB,アイチSRCC,パデュー大D,阪大レーザー研E,AISTF,NIFSG,広島大工H
  3. 1/4波長板を用いた超高強度レーザーの偏光制御による高速電子発生 II○森芳孝,花山良平,石井勝弘,北川米喜,砂原淳AB,千徳靖彦B (光産業創成大学院大学,A米国パデュー大,B阪大レーザー研)
  4. チャープパス光周波数干渉計を用いた衝撃波の速度と反射率計測○石井勝弘,砂原淳A,森芳孝,花山良平,沖原伸一朗,北川米喜,関根尊史B,栗田隆史B,渡利威士B,木村広人B,壁谷悠希B,水田好雄B,加藤義則B,東博純C,日置辰視D,元廣友美D,千徳靖彦E,三浦永祐F,岩本晃史G,坂上仁志G(光産業創成大学院大学,パデュー大A,浜松ホトニクス(株)B,あいちSRC,名古屋大学D,大阪大E,産総研F,核融合研G
  5. 2波長イオン化法を用いたCaのレーザー同位体分離○新木陽介,山下隼弥,小川泉,仁木秀明(福井大学)

C.高強度・高エネルギーレーザー応用2

C.X線自由電子レーザー9:15-10:30

  1. (招待講演)LCLS の現状と次世代化を目指した展開佐藤尭洋(LCLS,SLAC 国立加速器研究所)
  2. SACLAの硬 X 線ビームラインの現状○犬伏雄一A, B,井上伊知郎B,大坂泰斗B,籔内俊毅B,富樫格A, B,末田敬一B,片山哲夫A, B,大和田成起A, B,今亮A, B,久保田雄也A, B,登野健介A, B,矢橋牧名A, BA高輝度セ, B理研RSC)
  3. SACLA 同期レーザーにおけるタイミング安定化○富樫格A, B,今 亮A, B,籔内俊毅B,大和田成起A, B,片山哲夫A, B,中嶋 享B,松原伸一A,冨澤宏光A, B,登野健介A, B,矢橋牧名A, BA高輝度セ, B理研RSC)
  4. X 線自由電子レーザーと高強度光学レーザーの統合実験基盤○籔内俊毅A,今亮A, B,犬伏雄一A, B,富樫格A, B,末田敬一A,糸賀俊朗A, B,冨澤宏光A, B,矢橋牧名A, BA理研RSC,B高輝度セ)

C.高強度・高エネルギーレーザー応用3

C.X線・EUV応用10:45-12:15

  1. (招待講演)衝撃圧縮解放過程におけるオーステナイト系ステンレス鋼の結晶構造変化の X 線自由電子レーザーを用いたその場観察宮西宏併,弘中陽一郎,栗田隆史A,重森啓介,松岡健之,尾崎典雅,三浦永祐B,渡利威士A,水田好雄A,壁谷悠希A,加藤義則A,薮内俊毅C,犬伏雄一D,富樫格D,矢橋牧名CD,栗田典夫A,黒田隆之介B,兒玉了祐,(大阪大学,A浜松ホトニクス,B産業技術総合研究所,C理化学研究所,D高輝度光科学研究センター)
  2. 金属炭化物における衝撃誘起炭素凝集反応のその場観察●細見実A,尾崎典雅A, B,松岡健之C,宮西宏併B,瀬戸雄介D,犬伏雄一E, F,富樫格E, F,籔内俊毅F,矢橋牧名E, F,佐野孝好B,兒玉了祐A, BA阪大工, B阪大レーザー研, C阪大先導機構, D神戸大理, EJASRI, F理研)
  3. (招待講演)リソグラフィ応用光源 (DUV/EUV) の最近の進展溝口計(ギガフォトン(株)代表取締役副社長,CTO)
  4. 軟 X 線自由レーザーによる材料表面加工応用に向けた表面アブレーション○錦野将元,石野雅彦,T-H Dinh,長谷川 登,坂上和之A,東口武史B,鷲尾方一C (量研,A東大工研, B宇大院工,C早大理工研)

C.高強度・高エネルギーレーザー応用4

C.超高強度光科学13:00-14:45

  1. (招待講演)非線形逆トムソン散乱を用いたガンマ線渦の発生平 義隆(産業技術総合研究所)
  2. (招待講演)Burst Intensification by Singularity Emitting Radiation (BISER) in Relativistic Laser Plasma and Driving Laser RequiremeA. S. Pirozhkov, T. Zh. Esirkepov, T. A. PikuzA, A. Ya. FaenovA, A. Sagisaka, K. Ogura, Y. Hayashi, H. Kotaki, E. N. RagozinB, D. NeelyC, H. Kiriyama, J. K. Koga, Y. Fukuda, M. Nishikino, T. Imazono, N. Hasegawa, T. Kawachi, P. R. BoltonD, H. DaidoE, Y. KatoF, K. Kondo, S. V. BulanovG, M. Kando (KPSI, QST; A Open and Transdisciplinary Research Initiatives, Osaka University; B P. N. Lebedev Physical Institute RAS; C Central Laser Facility, STFC RAL; D Faculty of Physics, Ludwig-Maximilians-Universität München; E Institute for Laser Technology; F The Graduate School for the Creation of New Photonics Industries; G ELI-Beamlines)
  3. 準平行光子光子衝突による真空内四光波混合を用いたsub-eV 領域共鳴場探索へ向けた基礎研究○信廣晃秀A,尾崎尭弥A,平原祐輔A,本間謙介A,井上峻介B,橋田昌樹B,阪部周二B,中宮義英CA広大理,B京大化研,CIFIN-HH(ELI-NP))
  4. 偏光解析法による放射線の高時間分解測定●吉田将大AB,小島完興B,井上峻介AB,古川雄規AB ,橋田昌樹AB,阪部周二ABA京大院理,B京大化研)
  5. 高強度レーザー・プラズマ相互作用面の高速挙動診断のための高時間分解能 FROG の開発●小島完興,落合悠悟A,井上峻介,有川安信A,岩田夏弥A,畑昌育A,千徳靖彦A,藤岡慎介A,橋田昌樹,阪部周二(京大化研, A阪大レーザー研)

C.高強度・高エネルギーレーザー応用5

C.レーザー粒子加速15:00-16:45

  1. (招待講演)小型 X 線レーザーを目指すレーザー電子加速開発○神門正城A,細貝知直B,C,酒井泰雄B,寺本高啓B,Naveen PathakB,中村浩隆B,陳 博順B,谷沢優介B,大塚崇光D,荻野純平E,Alexei ZhidkovB,兒玉了祐B,EZhang JinC,末田敬一C,籔内俊毅C,矢橋牧名C,Kai HuangA,大東出A,中新信彦A,森道昭A,小瀧秀行A,林由紀雄A,宮坂泰弘A,Timur EsirkepovA,James KogaA,Sergei BulanovA,益田伸一F,山本樹F,南部健一G,武藤俊哉G,柏木茂G,濱広幸G(A量研関西研,B阪大院工,C理研放射光,D宇都宮大工,E阪大レーザー研,FKEK,G東北大電子光理学セ)
  2. GeV 級レーザー航跡場加速に用いる放電型プラズマ光導波路の開発○陳博順A,酒井泰雄A,Naveen PathakZA,末田敬一B,Jin ZhanB,Zhidokov AlexeyA,寺本高啓A,兒玉了祐AC,細貝知直ABA阪大工, B理研SP-8, C阪大レーザー)
  3. ImPACT レーザー加速実証器における超短パルス光プローブ系の構築○森道昭A,黄開A,小瀧秀行A,林由紀雄A,中新信彦A,大東出B,神門正城A,近藤公伯A,金展C,末田敬一C,荻野純平D,大塚崇光E,酒井泰雄D,寺本高啓D,Naveen PathakD,中村浩隆D,Alexei ZhdkovD,細貝知直CD,兒玉了祐DA量研,B日本アドバンスドテクノロジー,C理研,D阪大, E宇都宮大)
  4. レーザー駆動プロトンを照射した LiF 結晶中からの核反応生成α粒子の検出○井上峻介A,西浦洋輔A,小島完興,藤田和久B,三間圀興B,加藤義章B,橋田昌樹A,阪部周二A(京大化研,A京大院理,B光産業創成大学院大学)
  5. レーザー加速プロトン誘起7Li(p,α)4He・19F(p,α)16O 反応生成α粒子の検出のための CR-39 の 2 段階エッチング●西浦洋輔AB,井上峻介AB,小島完興B,古川雄規AB,橋田昌樹AB,阪部周二ABA京大院理, B京大化研)
  6. レーザー駆動重イオン加速用炭素薄膜ターゲットの開発●太田景樹,児子史崇,近持孝英,徳永剛志,近藤康太郎A,西内満美子A,榊泰直A,桐山博光A,橋田昌樹B,阪部周二B,草場光博(大阪産大,A量研機構,B京大化研)

D.レーザープロセシング1

D.プリンティング13:15-15:00

  1. (招待講演)3D プリンタ用ソフトウェア、制御技術小林 毅(マテリアライズジャパン株式会社 リフトウェア事業部)
  2. スパッタレス SLM を用いた純 Ti の積層造形と金属組織評価●西貴哉,塚本雅裕A,佐藤雄二A,中野人志,阿部信行A(近大理工, A阪大接合研)
  3. マルチレーザーコーティング法を用いた Co-Cr 合金の 3D 造形と金属組織評価●平田侑希,塚本雅裕A,原隆裕B,舟田義則C,佐藤雄二A,吉田実D,阿部信行A(近大理工, A 阪大接合研, B 阪大院工, C 石川県工業試験場, D 近大院総合理工)
  4. パルスレーザ堆積法及びプラズマ処理による p 型 ZnO:Al,N の成膜●佃 勇人,胡桃 聡,松田健一,鈴木 薫(日本大学)
  5. 超高速 SPP ナノ集光を用いたナノグラフェン細線作成●富田恵多,松田拓己,神成文彦(慶大理工)
  6. 紫外線硬化銀ペーストを用いたレーザー直接描画法による微細配線形成○小幡孝太郎>, Adam SchonewilleA, Arndt HohnholzA, Juergen KochA, Oliver SuttmannA, 杉岡幸次(理化学研究所, ALaser Zentrum Hannover e.V.)
 

D.レーザープロセシング2

D.熱加工15:15-16:30

  1. (招待講演)レーザー焼結の露光と溶融についての考察○木暮尊志,山内友貴,新野俊樹A(東京都立産業技術研究センター,A東大生研)
  2. パルス幅制御装置を備えた SiC デバイス製造用レーザードーピングシステムの開発●菊地俊文A, B 妹川要A, B 池田晃裕C 中村大輔A 浅野種正A 池上浩A, BA九州大学 システム情報科学研究院,B九州大学 大学院システム情報科学研究院 ギガフォトンNext GLP共同研究部門,C崇城大学 情報学科)
  3. 局所レーザーアニール法を用いた低温多結晶 Si 薄膜の結晶成長制御およびリン酸塗布ドーピング○妹川要A, B,山田貴大A,田中希A,諏訪輝A,中村大輔A,佐道泰造A,後藤哲也C,池上浩A, BA九大, B九大ギガフォトン共同部門, C東北大)
  4. ガラスフリットとレーザーを用いたセラミックパッケージの気密封止技術○白神徹(日本電気硝子(株))

D.レーザープロセシング3

D.アブレーションプロセス13:30-15:00

  1. (招待講演)レーザーアブレーションによる有機・バイオ材料の結晶成長制御○吉川洋史(埼玉大学)
  2. フェムト秒レーザーアブレーションで発生する過渡的な微細構造の観測○長谷川登,錦野将元,ヂンタンフン,石野雅彦,南康夫A,馬場元芳B,末元徹C(量研関西,A徳島大学,B埼玉医大,C豊田理研)
  3. Ablation of silicon using femtosecond extreme ultraviolet laser○ヂン タンフン,Nikita MedvedevA,石野雅彦,長谷川登,今亮B,犬伏雄一B,大和田成起C,原広行D,東口武史D,坂上和之E,鷲尾方一F,羽多野忠G,錦野将元(量研,CSAA,JASRIB,理研C,宇大院工D,東大工研E,早大理工研F,東北大G
  4. レーザー照射チタン表面の光学特性のアブレーションによる評価○古川雄規A, B,西野将伍A, B,小島完興B,井上峻介A, B,橋田昌樹A, B,阪部周二A, BA京大院理,B京大化研)
  5. 短パルスレーザー照射された金属のアブレーション閾値○橋田昌樹,草場光博A,児子史崇A,長島健B,入澤明典C,坂上仁志D,Amany GoudaE,井上峻介,古川雄規,阪部周二(京大化研,A大阪産大,B摂南大学,C阪大産研,D核融合研,E名大院理)

D.レーザープロセシング4

D.プロセス15:15-16:45

  1. 非熱的レーザー加工されたシリコン太陽電池の結晶構造評価●児子史崇,橋田昌樹A,阪部周二A,草場光博(大阪産大, A京大化研)
  2. 真空紫外光照射によるアクリルの光脱離現象に関する研究●渕上一輝,小川祐哉,松本和也,桑原和也,寺山拓巳,甲藤正人A,加来昌典(宮崎大工, A宮崎大CRCC)
  3. 汎用レーザー誘起気泡を用いた熱硬化性ポリマー(PDMS)の微細加工技術開発●宮原勇兵,成瀬智哉,花田修賢(弘前大学理工学部知能機械工学科)
  4. シリコーン樹脂内部への高効率体積型回折格子の作製○福本光利,丸山遼士,寺井誠也,渡邉 歴(立命館大学)
  5. レーザーアブレーションを用いたアルミナ還元における試料予加熱によるエネルギー変換効率向上○田中聖也,山田慎,小紫公也,小泉宏之(東大・工)
  6. セラミックスのレーザー穴あけにおける加工品位制御 -熱蓄積の影響について-○奈良崎愛子,高田英行,吉富大,鳥塚健二,小林洋平A(産総研,A東大物性研)

D.レーザープロセシング5

D.生体材料19:00-10:30

  1. (招待講演)近赤外超短パルスレーザ-を用いた単一細胞の機能操作○安國良平,小柳朱里,Tawfia Indra Rukmana,植栗陽一,岡野和宜,山田壮平,細川陽一郎,(奈良先端科学技術大学院大学)
  2. 多光子造形法による EGFP の 3 次元構造作製とその活性評価●阿部将士A, B,ゼリーン ダニエラB,寺川光洋A, C,河野弘幸B,宮脇淳史B,緑川克美B,杉岡幸次BA慶大院理工, B理化学研究所光量子工学研究センター,C慶大理工)
  3. ジルコニア多結晶体表面に形成されたフェムト秒レーザー誘起周期構造の TEM による断面観察○欠端雅之,屋代英彦,大矢根綾子A,伊藤敦夫B,鳥塚健二(産総研 電子光技術,A産総研 ナノ材料,B産総研 健康工学)
  4. レーザーアブレーションを用いたハイドロキシアパタイト膜の結晶化の評価○屋代英彦,梅林信弘,欠端雅之,伊藤敦夫A,六﨑裕高B(産総研 電子光,産総研 健康工学,B茨城県立医療大学)
  5. フェムト秒レーザー誘起衝撃力による神経細胞-基質間のメカニカル相互作用の評価山田壮平,馬場健太郎A,安國良平,稲垣直之A,○細川陽一郎(奈良先端大物質, A 奈良先端大バイオ)

D.レーザープロセシング6

D.生体材料210:45-12:15

  1. (招待講演)Three-Dimensional Proteinaceous Microstructure Fabrication by Photoactivator-Free Femtosecond Laser Cross-Linking Daniela Serien, Masashi AbeA, Mitsuhiro TerakawaA, Hiroyuki Kawano, Atsushi Miyawaki, Katsumi Midorikawa,Koji Sugioka(RIKEN,AKeio Univ.)
  2. Synthesis of Fe-containing nanoparticles via laser ablation and their embedment into polymer nanosheets for wound healing● Aslan Mussin A,Sergei A. Kulinich A,Satoru Iwamori AA Tokai University Research Institute of Science and Technology)
  3. 細胞接着因子担持アパタイト膜のレーザー転写による生理活性パターニング●小室智稀A, B,奈良崎愛子A,黒崎諒三A,亀山智子A,大矢根綾子A,海野昌喜B,宮治裕史CA産総研, B茨大理工,C北大歯)
  4. 多光子還元によるハイドロゲル内部への異種金属微細構造の作製●町田茉南A,Maria Leilani Torres-MapaB,Alexander HeisterkampB, C,寺川光洋A, DA慶大院理工, Bライプニッツ大学ハノーバー, Cレーザーセンターハノーバー, D慶大理工)
  5. フェムト秒レーザーを用いたポリマー表面へのナノ周期構造の形成と生体適合性評価●篠原直希,塚本雅裕A,佐藤雄二A,竹中啓輔B(阪大工, A阪大接合研, B阪大院工)

D.レーザープロセシング7

D.微細加工13:00-14:45

  1. (招待講演)ベクトルビームによる微細穴あけ加工○小澤祐市,松坂修吾,佐藤俊一(東北大学多元物質科学研究所)
  2. 第 2 高調波の直接空間光変調を用いたホログラフィックフェムト秒レーザー加工○小野田涼,長谷川智士,早崎芳夫(CORE)
  3. ピコ秒パルス列のエネルギー変調による材料内部プロセッシング制御○中村晃直A,下間靖彦A,清水雅弘A,三浦清貴AA京大院工)
  4. パラメータ可変高出力フェムト秒レーザー加工・計測装置による自動レーザー加工・計測○高田英行,奈良崎愛子,吉富大,鳥塚健二,小林洋平A(産総研電子光,A東大物性研)
  5. ガス浮遊レーザー溶融法により作製した Al2O3-Y2O3 ガラス内部への光誘起結晶成長○戸村浩太朗,下間靖彦,清水雅弘,三浦清貴(京都大学工学研究科材料化学専攻無機構造化学分野)
  6. 波長掃引型光干渉断層法を用いたフェムト秒レーザー加工における穴深度のインプロセス計測○長谷川智士A,黒澤知之A,藤本正俊B,早崎芳夫AA宇都宮大オプティクス,B浜松ホトニクス)

D.レーザープロセシング8

D.表面処理19:15-10:30

  1. 周期的微細隆起構造を有するシリコーンゴム表面へのAl薄膜形成による超撥水性の発現○大越昌幸(防衛大)
  2. 光化学表面改質法により作製した自動車用樹脂窓の耐摩耗性向上○野尻秀智,大越昌幸A(株式会社レニアス,A防衛大学校)
  3. プラズマ閉じ込め層を固体媒質としたレーザーピーニング効果●津山美穂,山下数馬,杉本優樹,部谷学A,中野人志(近大理工, A大産大工)
  4. レーザーピーニングによる圧縮残留応力付与メカニズムの解明 ー表面残留応力とプラズマ挙動との相関ー●辻明宏,上野聡一,千田格,大野博司A(東芝エネルギーシステムズ,A東芝)
  5. プラズマ閉じ込め層の音響インピーダンス制御によるレーザーピーニング効果の向上●山下数馬A,部谷学B,津山美穂A,中野人志AA近大理工,B大産大工)

D.レーザープロセシング9

D.表面処理210:45-11:45

  1. 低フルーエンスフェムト秒レーザーによる DLC 表面の結合構造変化とナノ構造生成○宮地悟代,二階堂誓哉,名取拓見,齋藤諒(東京農工大学)
  2. フェムト秒レーザーの二ビーム複合照射によるチタン表面の高周期性ナノ構造形成●竹中啓輔,塚本雅裕A,橋田昌樹B,升野振一郎A,阪部周二B,井上峻介B,古川雄規C,浅井知(阪大工, A阪大接合研, B京大化学研究所, C京大院理)
  3. 2波長フェムト秒ダブルパルスレーザー照射による金属へのドット着色●西野将伍A, B,橋田昌樹A, B,清水雅弘C,古川雄規A, B,小島完興B,井上峻介A, B,阪部周二A, B,塚本雅裕D,竹中啓輔EA京大院理,B京大化研,C京大院工,D阪大接合研,E阪大院工)
  4. Ultrafast laser nanofabrication of advanced nanophotonic structures○ Aleksandr Kuchmizhak , Sergei A. Kulinich A(Far Eastern Federal University, Vladivostok, Russia, A Tokai University, Japan)

D.レーザープロセシング10

D.微粒子13:00-14:45

  1. (招待講演)多孔質シリコンの液中レーザー照射による蛍光ナノ粒子の高収率生成中村俊博,越田信義A(法政大学,A東京農工大学)
  2. 液中レーザー溶融法におけるサブミクロン球状粒子大量合成の試み○石川善恵A,越崎直人BA産業技術総合研究所,B北大工)
  3. 塩化アルミニウムフタロシアニンナノ粒子の作製と光音響イメージング用造影剤への応用○秋森輝希A,朝日剛B,和田裕之A(レーザー学会,A東工大,B愛媛大)
  4. パルスレーザーアブレーションにおけるプルーム進展とナノ結晶凝集構造に対する対向衝撃波の影響●片山慶太,福岡寛A,吉田岳人B,青木珠緒,梅津郁朗(甲南大理工,A奈良高専,B阿南高専)
  5. レーザーを用いた Ho ドープ ZnO マイクロ結晶球の合成○中村大輔,脇山祐一朗,大島広暉,東畠三洋,池上浩,Nilesh J. VasaA,M. S. Ramachandra RaoA(九州大学大学院システム情報科学府,Aインド工科大学マドラス校)
  6. レーザーリフトオフ法によるプラズモニック光触媒の作製と評価○村井健介,岡好浩A(産総研関西,A兵庫県大工)
 

E.レーザー計測1

E.環境計測9:00-10:15

  1. トンネル検査における車載型高分解能レーザー計測○村上武晴,斎藤徳人,小町祐一,道川隆士,坂下亨男,木暮繁,加瀬究,和田智之,緑川克美(理研光量子)
  2. レーザーを用いたコンクリート構造物内部欠陥高速検査技術の開発○倉橋慎理,北村俊幸A,岡田大A,三上勝大A,近藤修司A,長谷川登A,錦野将元A,河内哲哉A,島田義則(レーザー総研,A量研機構)
  3. ラマンライダーによる海上観測○染川智弘A, B,倉橋慎理A,藤田雅之A, B,河仲準二BAレーザー総研,B阪大レーザー研)
  4. ラマン LIDAR を用いた小型水素ガスリークディテクターの開発●荻田将一,杉本幸代,三木啓史,朝日一平A,椎名達雄BA四国総研,B千葉大学)
  5. (招待講演)自己遅延検波に基づく高速・高分解能ブリルアン OTDR○小泉健吾,村井仁(沖電気工業株式会社)

E.レーザー計測2

E.検出技術10:45-12:15

  1. (招待講演)レーザー超音波法による溶接インプロセス品質モニタリング技術山本 摂(東芝エネルギーシステムズ 株式会社)
  2. 自己結合効果を利用したレーザマイクロホンの発振モードに対する感度特性●水嶋大輔,津田紀生,山田諄(愛知工業大学)
  3. 高感度テラヘルツ波パラメトリック検出器の開発●阪井ひかる,GUOYUNZHUO,村手宏輔,川瀬晃道(名古屋大学大学院)
  4. (招待講演)KTN 結晶によるレーザー高速走査と応用計測今井欽之(日本電信電話株式会社)
 

E.レーザー計測3

E.イメージング13:00-14:45

  1. (招待講演)偏光分解テラヘルツ分光法による高分子材料の異方性イメージング技術○渡邉紳一(慶應義塾大学)
  2. SF-STAMP を用いたテラヘルツ領域シングルショット2次元超高速バーストイメージング●山口勇輝,鈴木敬和,根本寛史,高澤一輝,松下一輝,神成文彦(慶應大)
  3. 波長掃引超高速レーザーパルス列を用いたサブナノ秒領域シングルショット2次元バーストイメージング●根本寛史,鈴木敬和,山口勇輝,神成文彦(慶大理工)
  4. Structured 2D temporal focusing microscopy for background free fluorescence imaging and enhanced sectioning ability ○Qiyuan Song, Yuki Yamaguchi, Hirofumi Nemoto, Takakazu Suzuki, Kazuki Takazawa, Kazuki Matsushita, Fumihiko Kannari(慶大理工)
  5. ラマンイメージングによる埋設導管損傷時の大気中への水素拡散挙動計測○杉本幸代,市川祐嗣,荻田将一,児玉裕美,星野礼香,朝日一平,上地優A,寺田敦彦A,日野竜太郎A (四国総研,A原子力機構)
  6. 単一計測システムを用いたばいじんと排ガス成分の同時計測に関する基礎検討●川﨑剛洋,児玉裕美A,柳瀬育彦B,杉本幸代A,朝日一平A(テクノ・サクセス,A四国総研,Bエナジーサポート)

E.レーザー計測4

E.形状計測9:00-10:15

  1. チャープした光コムの和周波発生を用いた無走査 3 次元計測の対象拡大○田中優理奈,加藤峰士,内田めぐみ,浅原彰文,美濃島薫(電通大,JST, ERATO美濃島知的光シンセサイザ)
  2. 固液境界近傍における熱輸送コロイドの粒子流動速度の計測○白井克明,梶祥一朗A,細川茂樹A,川南剛B,平澤茂樹A(芝浦工業大学,A神戸大学大学院,B明治大学)
  3. 光コムによる高速光演算を用いた瞬時 3 次元イメージングの高品位化●加藤峰士A, B,内田めぐみA, B,田中優里奈A, B,美濃島薫A, BA電通大,BJST, ERATO美濃島知的光シンセサイザ)
  4. 光コム2色干渉計を用いた高精度な形状計測手法の範囲拡大●生澤佳久AB,中嶋善晶AB,Guanhao WuC,美濃島薫ABA電気通信大学,BJST,ERATO美濃島知的光シンセサイザ,C清華大学)
  5. (招待講演)光共振を利用したマイクロ球形状のナノ精度計測○道畑正岐,小林夢輝,趙正,儲博懐,高増潔,高橋哲(東京大学)

E.レーザー計測5

E.物性計測10:45-12:00

  1. ファイバー光学長計測にもとづく高分解能光ファイバー温度センサー○和田健司,大前貴寛,徳永和成,松山哲也,岡本晃一(阪府大院工)
  2. ファイバノイズの極限的低減とその検出●和田雅人A, B, C,大久保章A, C,柏木謙A, C,洪鋒雷B, C,稲場肇A, CA産総研,B横国大院理工,CJST,ERATO美濃島知的光シンセサイザ)
  3. デュアルコム分光法の磁気光学特性評価への適用拡大●浅原彰文A, B,足立拓斗A, B,小田切雄介A, B, C,白川正之D,王月A, B,石橋爾子B, C,波多野智B, C,徳永英司D,美濃島薫A, BA電通大,BJST, ERATO美濃島知的光シンセサイザ,Cネオアーク株式会社,D東理大)
  4. デュアルコム分光法によるファラデー効果測定装置の開発○小田切雄介ABC,浅原彰文BC,足立拓斗BC,白川正之D,王月BC,石橋爾子AC,波多野智AC,徳永英司D,美濃島薫BCAネオアーク株式会社 B電通大,CJST,ERATO美濃島知的光シンセサイザ,D東理大)
  5. ステップ状試料を用いたデュアルコム分光による屈折率精密測定●王月A, B,浅原彰文A, B,庄司一郎C,野竹孝志D,南出泰亜D,美濃島薫A, BA電気通信大学, BJST,ERATO美濃島知的光シンセサイザ, C中央大学, D理化学研究所)

E.レーザー計測6

E.分光計測13:00-15:00

  1. (招待講演)高速広帯域 CARS 分光とその応用○井手口拓郎(東京大学)
  2. 共鳴ラマン効果による有害物質遠隔計測技術の開発に向けた実験的検討 ○朝日一平,杉本幸代,市川祐嗣,荻田将一,星野礼香,児玉裕美,三木啓史,江藤修三A,藤井隆A,染川智弘B,李大治B,Haik ChosrowjanB,谷口誠治B(四国総合研究所,A電力中央研究所, Bレーザー技術総合研究所)
  3. レーザーラマン分光法によるガス噴流濃度高速計測技術の開発●市川祐嗣,荻田将一,杉本幸代,朝日一平(四国総研)
  4. 広帯域中赤外 DFG レーザを用いたガス吸収分光○石川大樹A,内山一樹A,丸山歩B,遊部雅生A,鄭和翊B,山口滋B,平山令明C(東海大学A工学部,B理学部,C先進生命科学研究所)
  5. 一光束プローブ光を用いた C2H2 ガスの光音響分光計測に関する研究○丸山歩,藤井大地,高橋俊,鄭和翊,山口滋(東海大学)
  6. グロー放電プラズマセルによる金属原子の高感度分光●石川大裕A,奥直哉B,岩田圭弘A,長谷川秀一AA東大院工,B東大工)
  7. 光ポンピング原子による光源一体型高周波磁気センサモジュールの開発●武田俊A,熊谷寛A,根武谷吾B,中武光AA北里大学大学院医療系研究科,BPOSH WELLNESS LABORATORY株式会社)

F.光機能材料・デバイス1

F.半導体レーザー・発光デバイス13:00-15:00

  1. (招待講演)同一基板上多色発光 InGaN 系ナノコラム LED の発展○岸野克己,榊原直樹,成田一貴,大音隆男A,(上智大学,A現・山形大学)
  2. (招待講演)受賞記念:GaN 系半導体を用いた高出力ピコ秒フェムト秒レーザとその応用○幸田倫太郎,河野俊介,風田川統之,成井啓修,(ソニー(株))
  3. (招待講演)受賞記念:ナノワイヤ量子ドットレーザーの室温動作○館林潤,荒川泰彦A(大阪大学,A東京大学)
  4. (招待講演)π 共役系有機材料によるマイクロ共振器とレーザー発振○山本洋平(筑波大学)

F.光機能材料・デバイス2

F.超高速デバイス・現象15:15-17:00

  1. (招待講演)相変化材料を用いたテラヘルツ波デバイス開発○牧野孝太郎,加藤康作A,斉藤雄太,,Paul Fons, Alexander V. Kolobov,富永淳二,中嶋誠A,中野隆志A(産総研ナノエレ,A阪大レーザー研)
  2. 高繰り返しのシングルショット分光を用いた Si のマルチタイムスケール測定●小林真隆,嵐田雄介,武田淳,片山郁文(横国大)
  3. フォトンエコー信号増強のための共振器付き量子ドット集合体の作製と評価○井手隆太郎,赤羽浩一A,早瀬潤子(慶應義塾大学, A情通機構)
  4. sub-10fs ポンププローブ分光を用いたグラフェンの超高速エネルギー・運動量緩和○奈良脩平A,嵐田雄介A,小野頌太B,井ノ上泰輝C,千足昇平C,丸山茂夫C, D,長尾忠昭E,北島正弘E, A,武田淳A,片山郁文A(横国大院工A,岐阜大工B,東大工C,産総研D,物材機構E
  5. 金属/絶縁体/金属(MIM)型ナノキャビティによるフェムト秒表面プラズモン波束の遅延の観測と数値シミュレーションによる評価●伊知地直樹,久保敦(筑波大物理)
  6. 赤外共鳴ナノアンテナを利用した化学反応制御●森近一貴,櫻井敦教,芦原聡(東大生研)

F.光機能材料・デバイス3

F.非線形光学・周波数制御9:00-10:30

  1. (招待講演)レーザー材料の常温接合○鄭 麗和,平等拓範(自然科学研究機構分子科学研究所)
  2. Longitudinal and transverse thermal effects in CW frequency conversion○Sunao KURIMURA, H. H. Lim A, S. Kato B (National Inst. for Materials Science, IMS A, AIST B
  3. 非線形光学過程の人為的な操作と光デバイスへの応用Jian ZhengA, C,○桂川眞幸A, B, C(電気通信大学 A基盤理工学専攻, B量子科学研究センター, CJST ERATO 美濃島知的光シンセサイザー)
  4. 有機無機混合散乱体によるソフトディフーザーの紫外フィルター特性に関する検討朱峻鋒,中窪奎喬,吉岡宏晃,森田金市A,○興雄司(九州大学, Aウシオ電機)
  5. マルチモード干渉効果の Tm/Ho ファイバレーザー波長制御への適用○向坂風馬,窪田将成,坂田肇(静岡大工)

F.光機能材料・デバイス4

F.光集積回路・プラズモニクス10:45-12:30

  1. (招待講演)テラヘルツフォトニック結晶導波路とその共鳴トンネルダイオードとの融合冨士田誠之(大阪大学)
  2. (招待講演)異種材料集積シリコン光集積回路および高効率光変調器への応用○竹中充,髙木信一(東京大学)
  3. [(GeTe)2(Sb2Te3)1n超格子の相転移を用いたハイブリッドプラズモン導波路モードの強度変調素子●杉山岳A,久保敦A, C,中野隆志B, CA筑波大物理,B産総研,CJST-CREST)
  4. 表面増強ラマン散乱活性基板に用いる金薄膜のプラズマによる表面改質○近藤崇博,冨田輝,森下なな花,齊藤結花(学習院大・理)
  5. Fano resonant metasurfaces for surface enhanced infrared absorption spectroscopy○Govind Dayal and Satoshi Ashihara(Institute of Industrial Science, The University of Tokyo)

G.光通信1

G.光通信19:15-10:30

  1. (招待講演)大洋横断級の大容量光海底ケーブル通信を実現する光ファイバ伝送技術○藤澤慎介,柳町成行,ル・タカンディエ・ドゥ・ガボリ・エマニュエル(NECシステムプラットフォーム研究所)
  2. 波長分割多重位相共役ツイン波の位相感応型光増幅中継のための励起光位相同期ループにおける一括キャリア抽出の検討○岡村康弘,高田篤(徳島大学大学院)
  3. (招待講演)疑似位相整合技術を用いる偏波無依存ファイバ型光パラメトリック増幅器○高坂繁弘(古河電気工業株式会社)

G.光通信2

G.光通信210:45-12:00

  1. (招待講演)QAM 光信号の直接検波による復調松本正行(和歌山大学)
  2. 光ファイバ無線技術による短距離無線リレーの構成検討○菅野敦史,山本直克(国立研究開発法人情報通信研究機構)
  3. (招待講演)マルチモード光ファイバを用いた自動車向け RoF 技術の開発○相葉孝充,田中聡,菅野敦史A,若林知敬,山本直克A,川西哲也B, 若林知敬(矢崎総業株式会社,A情報通信研究機構,B早稲田大学)

G.光通信3

G.光通信デバイス13:15-14:30

  1. (招待講演)シリコンフォトニクスによる低損失・高効率光スイッチ技術○鈴木恵治郎,鴻池遼太郎,長谷川淳一A,須田悟史,松浦裕之,並木周,河島整,池田和浩,(産業技術総合研究所,A古河電気工業(株)情報通信・エネルギー研究所)
  2. コヒーレント検波を用いた波長可変レーザーの動的特性解析●本田瑛士,森洋二郎,長谷川浩,佐藤健一(名古屋大学工学部)
  3. (招待講演)シリコンフォトニクスプラットフォーム上の光アイソレータ○庄司雄哉,水本哲弥(東京工業大学)
 

H.光情報処理1

H.ホログラフィ9:00-10:30

  1. プリンタ個体識別に向けたレーザー顕微鏡による拍車痕形状計測○赤尾佳則(科学警察研究所)
  2. 高速波長スイッチングレーザーを用いたマルチスペクトラルディジタルホログラフィ○黄友萱,早崎芳夫(宇都宮大学オプティクス教育研究センター)
  3. (招待講演)サンプリングモアレ法を用いたマルチスケール変形計測○李志遠,王慶華,夏鵬,津田浩(産業技術総合研究所・分析計測標準研究部門)
  4. (招待講演)ホログラフィにおける圧縮センシングの高速計算○遠藤優,下馬場朋禄A,角江崇A,伊藤知義A(金沢大学,A千葉大学)

H.光情報処理2

H.空間光変調素子・イメージング10:45-12:15

  1. (招待講演)波面制御デバイスとしての空間光変調器とその応用○田中博,井上卓,大竹良幸,豊田晴義,(浜松ホトニクス株式会社)
  2. (招待講演)時間分解発光イメージングによる文書鑑定鈴木基嗣(警視庁科学捜査研究所)
  3. 電子線励起局在プラズモンを用いた蛍光増強の研究○山本達也,小野篤史A,居波渉A,川田善正A(静大院工,A静大電研)
  4. フレネルインコヒーレント自己相関ホログラフィのためのデュアルフォーカスレンズの設計方法の検討●酒巻翔太A,米田成A,野村孝徳BA和歌山大学大学院システム工学研究科,B和歌山大学システム工学部)

H.光情報処理3

H.計算イメージング13:15-15:45

  1. (招待講演)多視点ロボットカメラを用いたインテグラル 3D 撮影技術○池谷健佑,久富健介,洗井淳,三科智之(NHK放送技術研究所)
  2. (招待講演)スペックル散乱の統計特性を利用した計算ゴーストイメージング仁田功一(神戸大学 大学院システム情報学研究科)
  3. 二値正弦波パターンを用いた縞投影三次元計測○吉川宣一,根本陽司,李 連辰(埼玉大学)
  4. LED アレイを用いたスマートフォンRheinberg照明顕微鏡の構築 ○小笠原佑真,A有本英伸,B 玉田洋介,渡邉歴(立命館大学, A産総研,B基礎生物学研究所)
  5. 単一画素カメラを用いた分光イメージング○佐藤諒,早崎芳夫(宇都宮大学オプティクス教育研究センター)
  6. 全排水毒性試験のための遊泳中ミジンコのホログラフィックサイズ計測○砂山幸太A,宮川一志B,早崎芳夫AA 宇都宮大学 CORE B 宇都宮大学 C-Bio)
  7. 自己干渉インコヒーレントディジタルホログラフィを用いた微小物体の連続計測並木翔馬,○吉川宣一(埼玉大学大学院理工学研究科)
  8. レーザー誘起現象を観測するための 2 波長ポンプ・プローブディジタルホログラフ○早崎芳夫,福田真一,Saulius JuodkazisA(宇都宮大,Aスウィンバーン工科大)

I.レーザー医学・生物学1

I.ラマン分光分析・イメージング13:00-14:45

  1. (招待講演)受賞記念:誘導ラマン散乱顕微法による高速・無標識生体分光イメージング小関泰之(東京大学)
  2. ラマンイメージング分析用スペクトル処理技術の開発と評価研究●谷岡剛吏,アンガラ・マハラディカ,高間柊平,松吉ひろ子A,ビビン・B.・アンドリアナ,佐藤英俊(関西学院大理工,A岐医療大保健)
  3. 生体用 CARS 分光イメージングシステムの開発●平居尚,國枝俊秀,前田康大A,佐藤英俊(関学大理工,A理研)
  4. ラマン分光・非線形光学イメージングによる骨軟骨疾患の診断応用○大嶋佑介A, B, C,清松悠D,明比麻由D,石丸泰光D,日野和典D,三浦裕正DA東北大院医工学,B大分大医,C東大病院, D愛媛大医)
  5. ラマン分光法を用いたヒルシュスプルング病における無神経節腸管の可視化●小川雄大,大嶋佑介AB,平塚孝宏A,赤木智徳A,鈴木浩輔A,柴田智隆A,上田貴威A,當寺ヶ盛学A,白下英史A,衛藤剛A,猪股雅史AA大分大医, B東北大院)
  6. ウイルス感染の早期検出技術の開発●一木俊哉,松吉ひろ子A,大谷清,佐藤英俊(関西学院大理工,A岐阜医科大保健)

I.レーザー医学・生物学2

I.医用デバイス・システム9:00-10:30

  1. (招待講演)ラテラル電界制御電荷変調器(LEFM)を用いた高時間分解・低ノイズ蛍光寿命 CMOS イメージセンサとフェーザ表示によるデータ解析○香川景一郎,Hongtao ChenA,Erico GrattonA,安富啓太,川人祥二(静岡大学 電子工学研究所,AUniversity of California,Irvine)
  2. 中赤外バイオセンシング用光導波路型デバイスの高感度化○菅原崇弘,木野彩子A,松浦祐司A(東北大工,A東北大医工)
  3. Ni-Tiチューブを用いた銀中空ファイバの伝送特性○岩井克全,高久裕之,宮城光信A(仙台高等専門学校, A宮城学院)
  4. 波長掃引量子カスケードレーザを用いた血糖測定システムの測定精度向上の検討 ●柴田尚登,木野彩子,杉山厚志A,秋草直大A,松浦祐司(東北大医工,A浜松ホトニクス)
  5. レーザー誘起振動波診断による固定具設置強度の評価(Ⅱ)○三上勝大,中島大輔A ,菊池駿介A,長谷川登,北村俊幸,岡田大,近藤修司,錦野将元,名倉武雄A,河奈裕正A,松本守雄A,中村雅也A(量研関西研,A慶大)

I.レーザー医学・生物学3

I.OCT・光音響イメージング10:45-12:15

  1. 可視域スーパーコンティニューム光源を用いた高分解能 OCT の開発○須田浩太郎,山中真仁,西澤典彦(名古屋大学)
  2. KTN 光偏向器を用いた 1 軸走査型 En face OCT○二村唯,近江雅人(大阪大学)
  3. 光音響像におけるアーチファクトの多波長計測による特定・除去方法の基礎的検討●仲尾勇輝,内本陽,浪田健,近藤健悟,山川誠,椎名毅(京都大学)
  4. 半球型光音響撮像装置を用いた生体イメージングのための基礎的検討●高岡駿斗,近藤健悟,浪田健,山川誠,椎名毅(京都大学)
  5. 関節炎疾患モデルラットの光音響イメージング解析●小川晃平,浪田健,近藤健悟,山川誠,椎名毅(京都大学)
  6. 肝組織の多波長光音響解析による脂肪化評価の基礎的検討●浅田恭輔,浪田健,近藤健悟,山川誠,椎名毅(京都大学)
 

I.レーザー医学・生物学4

I.レーザー治療・細胞操作13:00-15:15

  1. (招待講演)悪性グリオーマ幹細胞に対するδ-アミノレブリン酸を用いた光線力学治療○野々口直助,黒岩俊彦(大阪医科大学 脳神経外科)
  2. 光増感反応による心筋細胞障害時間の光感受性薬剤接触時間依存性●小川恵美悠A, B,菊池惟子C,土井万理香C,荒井恒憲C,熊谷寛A, B(北里大学大学院医療系研究科, A北里大学医療衛生学部, B慶應義塾大学大学院 理工学研究科)
  3. ピコ秒レーザー治療機器に対する計算的評価手法の開発●下条裕,西村隆宏,粟津邦男(大阪大学)
  4. (招待講演)生命現象の光操作技術の創出佐藤守俊(東京大学)
  5. 光によるアポトーシス誘導制御技術の開発●日下由佳子,竹谷皓規,佐藤英俊(関西学院大理工)
  6. 青色レーザー光照射による生細胞内の DNA 損傷○松山哲也,金丸直弘,高橋圭介,和田健司,岡本晃一,川喜多愛A,村田香織A,杉本憲治A(阪府大・院工,A阪府大・生環)
  7. フェムト秒レーザーを用いて微小貫通孔を作製した生分解性フィルムへの ChR2-C2C12 細胞の接着評価○高山和,近藤直柔,角井泰之A,佐藤俊一A,寺川光洋(慶應義塾大学,A防衛医科大学校)

I.レーザー医学・生物学5

I.機能・診断イメージング15:30-17:30

  1. (招待講演)光による脳情報処理の可視化とその操作○和氣弘明(神戸大学大学院 医学研究科)
  2. (招待講演)近赤外生物発光イメージング技術の開発とその応用○口丸高弘(自治医科大学 分子病態治療研究センター)
  3. (招待講演)拡散相関分光法による血流の可視化と医工学応用○小野弓絵,中林実輝絵(明治大学)
  4. 耳たぶを対象とした中赤外分光法による血糖値測定●曽山俊輔,木野彩子A,松浦祐司A(東北大工, A東北大医工)
  5. 拡散反射分光法に基づくビリルビン、ヘモグロビン、メラニンの経皮的計測大津瑞希,皆川将史,Md. Abdul Wares,○西舘泉,中野和也A,羽石秀昭A(東京農工大学大学院 生物システム応用科学府, A千葉大学フロンティア医工学センター)
ページ先頭へ
PAGETOP