第39回年次大会

会期

2019年1月12日(土)~14日(月)

会場

東海大学高輪キャンパス
〒108-8619 東京都港区高輪 2-3-23 http://www.u-tokai.ac.jp/about/campus/takanawa/

主催・共催

主催:一般社団法人レーザー学会

共催:東海大学

大会の概要

下記のとおり、公開特別講演、シンポジウム、招待講演、一般講演およびポスターセッションを実施します。

(1) 公開特別講演(3件):1月13日(日)15:00~17:00(※一般の方にも無料公開します。)
(2) シンポジウム:1月12日(土)~14日(月)
(3) 招待講演:ご講演時間 1件25分,質疑討論5分 (1月12日(土)~14日(月)(予定))
(4) 一般講演:ご講演時間 1件12分,質疑討論3分 (1月12日(土)~14日(月)(予定))
(5) ポスターセッション:1月13日(日)・14日(月)昼 併設展示会場にて実施予定
(6) 懇親会:1月13日(日)18:00~(予定、有料)(プログラムにより開始時刻は多少前後することがあります)
(7) 併設展示会「Laser Solution 2019」 (大会期間中同時開催) :入場無料
(8) 特別企画 企業見学:検討中(大会参加者限定,無料)

大会の参加費

レーザー
学会
会員
・非会員
種    別 事前登録 当日登録
会員 正会員 12,000 16,000
賛助会員 12,000 16,000
学生会員 3,000 5,000
非会員 一般 17,000 20,000
学生 5,000 7,000

※予稿集は参加費に含まれます。

講演募集要領

講演申込要領

一般講演申込はWebをご利用頂き、下記要領により期限までにお申込みください。
一般講演登壇者・ポスターセッション参加者はレーザー学会正会員、学生会員、賛助会員に限ります。
登壇予定者で非会員の方は、入会手続き後にお申込み下さい。
(入会手続きは学会ホームページにて URL: http://www.lsj.or.jp/LSJHP/LSJhtml/LSJHP04(Admission).html)
※申込について: 2018年8月20日(月)よりお申込を受付けます。

予稿原稿作成・提出要領

8月下旬(予定)に学会ホームページにて詳細をお知らせします。

講演申込・予稿原稿締切

講演申込期限 2018年 9月21日(金)
予稿原稿提出期限 2018年10月12日(金)

講演部門名とキーワード

講演部門名 キーワード
A レーザー物理・化学 レーザー基礎,量子光学,コヒーレント効果,非線形光学,レーザー制御(パルス制御,周波数制御等),レーザー分光,光誘起化学,超高速現象・相互作用,レーザー冷却,原子光学,レーザーマニピュレーション,レーザーカオス等
B レーザー装置 固体レーザー,気体レーザー,液体レーザー,自由電子レーザー,波長変換型レーザー,大出力半導体レーザー(固体レーザー励起用,直接加工用),超短パルスレーザー,高強度(TW/PW)レーザー,XUV/X線レーザー,ファイバレーザー(加工用等),レーザー共振器,位相共役利用高輝度光源,レーザー電源,テラヘルツ発生等
C 高強度・高エネルギーレーザー応用 高強度レーザー科学,高輝度X線発生・応用,相対論レーザープラズマ,レーザープラズマ放射線(X線,γ線,電子,イオン),レーザー核融合,レーザー粒子加速,レーザー推進,レーザー誘雷,レーザー同位体分離,大出力CWレーザーと応用(土木,建築等)等
D レーザープロセシング プロセス基礎・モニタリング,熱加工(溶接,切断等),アブレーション,薄膜形成,表面改質,微粒子(クラスター,ナノチューブ等),リソグラフィ,3次元造形,アニーリング,ドーピング,合金化,エッチング,クリーニング,光化学プロセシング,超短パルスプロセシング,マイクロファブリケーション等
E レーザー計測 物性計測,量子計測,計測用新光源・検出技術(テラヘルツ計測,X線計測等),ファイバセンサー,プラズマ診断(レーザープラズマ,アブレーション等),光による反応場計測(燃焼計測,排気ガス検出等),環境計測(分析,レーザーレーダ,大気観測,リーク検出)等
F 光機能材料・デバイス 半導体レーザー,導波路レーザー,発光デバイス,フォトニック結晶,非線形光学材料,光検出器,光導波路,光IC,光電気・磁気・音響デバイス,各種オプティクス,有機光材料,プラズモニクス・メタマテリアル,赤外・テラヘルツデバイス等
G 光通信 通信用レーザー光源(WDM用,OTDM用,モード同期等),光増幅(EDFA,ラマン等),光信号処理(波長変換,光スイッチ等),光ファイバ,パルス伝搬・圧縮(線形伝搬,非線形伝搬・ ソリトン等),受光デバイス,光フィルタ,光通信システム(DWDM,超高速伝送等),量子通信等
H 光情報処理 情報フォトニクス,ナノフォトニクス,ディジタルオプティクス,イメージング技術,情報セキュリティ,インコヒーレント光学,レーザー照明,ディスプレイ(レーザー, LED, 3次元等), ホログラフィ,空間光変調素子,画像処理,バイオインフォマティクス,光記録,時空間情報処理,光インターコネクション,光コンピューティング,システムフォトニクス,スマートピクセル等
I レーザー医学・生物学 光イメージング(光トモグラフィ,光トポグラフィ,OCT等),生物顕微鏡,スペクトロスコピー,光音響,レーザー治療(アブレーション,PDT・低出力レーザー治療等),医科・歯科用レーザー,医用光伝送路(中空ファイバー等),生体光計測・診断,医用材料,生体光物性,バイオテクノロジー応用,安全性等

問い合わせ先

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-6
一般社団法人レーザー学会 第39回年次大会実行委員会事務局
TEL:06-6878-3070 FAX:06-6878-3088
Email: lsj-admin@lsj.or.jp

PAGETOP